自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
盗難自動車を取り戻せ!
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
自動車盗難保険・車両保険解説講座
車両保険
車両保険とは? 車両保険は必要か?

車両保険は必要か?

自動車保険に車両保険を付帯すると、保険料がとても高くなってしまうことがあります。でも、いつでも高いわけではありません。ひょっとすると、払いすぎて損をしているかもしれませんよ。

保険料は車種等級によって違ってくるのです。車種ごとに料率クラス(*↓)が決まっているので、高級車であればあるほど車両保険金額も高くなります。すると結果として保険料が高くなるんですね。

また、過去に事故を起こさないでいると「等級」が高くなります。するとそのぶん保険料の割引があるので、保険料が安くなります。

車両保険は、事故などで被害をうけた自分の自動車を守る保険です。事故にあう確率車の修理費用などを考慮して、車両保険が必要かどうかを検討するとよいでしょう。

たとえば…

・車を何台も持っている場合
メインで運転するのが一台ならば、その自動車にだけ車両保険をつけておけば、うんと安くおさえられます。

・仕事で使っている車
「走れなくなったら必ず修理が必要になる」という自動車も、車両保険の加入が必要かもしれませんね。

・高級車
今回ゾウ君が購入したフェラーリやポルシェは、車両価格が500万円を超える高級車です。高級車の場合は、ちょっとした損害を直すのにも予想以上に高額の費用がかかる場合が多いので、ぜひとも車両保険に入っておくことをお勧めします。

「車の修理代って、そんなに高いの?」

料率クラス……今までの事故頻度や事故の規模などを考慮し、車の型式をもとに保険料を算出するための区分のこと。1〜9クラスの9種類あります。




         


 

 

Powered by CMSホームページ制作Web