自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
盗難自動車を取り戻せ!
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
車両保険
取扱保険会社紹介

車両保険の付帯特約

これも各社まちまちでさまざまな呼称がありますが、事故に付随して補償されるものがほとんどなので、ここでは『事故付随費用保険』と言っておきます。

『事故付随費用保険』とは具体的にどのようなものがあるかというと、事故や盗難で車が使用できなくなった場合に代車を提供してくれる『代車費用保険』や、事故や盗難でその場所から帰宅できなくなった場合やその場で宿泊せざるを得ない場合に費用を負担してくれる『臨時帰宅費用保険』『臨時宿泊費用保険』などがあります。
これらはオプションで車両保険に付帯することができますが、その分保険料が高くなってしまいますが。

また、保険金の支払いも各社それぞれの基準を細かく設けていますので、付帯する場合には充分説明を聞いて理解してから加入しないと、後でトラブルの元になってしまいます。

以上、いろいろと車両保険や盗難について、学んできましたが、事故や、車両盗難は、普段なかなか被害に遭うものではない(むしろそのほうが良いのですが…。)ので保険の補償内容については、なかなかなじみも薄く、理解しきれない方が多いと思います。
しかし、ネコさんの車両盗難、ゾウ君の新車購入時に保険にさえ、入っていれば、万が一のときに「入っていてよかった」と救ってもらえるのも保険です。

入らないことのリスクと保険に入っていることの安心、ドライバーであれば自分の意思でこの二つの選択肢を選びたいものですね。

これからも、自分に最適な自動車保険を選んで、しっかり理解すること。もちろん分からないこと、不安に思ったことは、すぐに自動車保険担当者に確認しましょう。事故が起こってからでは、もう遅いこともありますので。

「は〜い。」


←保険取り扱い一覧表

→見積もり資料一括請求

↑自動車盗難保険・車両保険解説講座トップページ



 

 

Powered by CMSホームページ制作Web