自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
盗難自動車を取り戻せ!
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
自動車盗難保険・車両保険解説講座
車両保険
車両保険の種類 算出方法

算出方法

「事故っちゃった! 支払われる保険金はどのようにして算出されるの??」

支払い保険金の算出方法は、車が分損全損かによって異なります。

  1. 分損…修理可能な状態
  2. 全損…修理不可能か、修理代が車両保険金額を上回る状態

また保険会社にもよりますが、車両保険の保険金額は『協定保険価額』と『修理支払限度額』という2通りの設定方法があるんです。

  1. 協定保険価額…事前に決めておいた、修理不可能な場合に支払う保険金の限度額です。(契約時に車両標準価格表などを基準に市場販売価格(時価額)で設定)
  2. 修理支払限度額…事故に遭った場合で修理が可能なときの支払い限度額

これを表にすると以下のようになります。

協定保険価額=
修理支払い限度額
協定保険価額=
修理支払限度額
協定保険価額=
修理支払限度額
修理が可能な場合 修理支払限度額まで 協定保険価額(=修理支払い限度額)が限度 協定価額を超える部分も修理支払限度額が限度 修理支払限度額が限度
協定保険価額まで 修理支払限度額が限度 修理支払限度額を超える部分は支払わない
臨時費用保険金 損害が協定保険価額以上となった場合に支払う 支払わない 損害が協定保険価額以上となった場合に支払う
修理不可能な場合 協定保険価額 + 臨時費用保険金


←直接損害と間接損害

→過失の割合と支払い

↑自動車盗難保険・車両保険解説講座トップページ



 

 

Powered by CMSホームページ制作Web