自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
盗難自動車を取り戻せ!
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
もし、自分の車が盗まれたら 警察への被害届

警察への被害届

「でも、ネコさんはもう盗まれてしまったんだよね。」

その場合、保険会社よりも警察に行くのが先です。盗難、車上荒らしにあったら、まず警察で盗難被害届を出してください。

その際に必要になる情報は、

  • 住所、氏名
  • 自動車登録番号、車体番号
  • 盗難にあった場所、日時、状況
  • 車の色、年式、特徴
  • 車に搭載していた貴重品、クレジットカードの番号など

などです。被害届をだすと、受理番号が発行されます。これをもって保険会社へ連絡してください。すると、1〜2週間してから調査員がお話を伺いに参ります。

次に、陸運局に行って、一時抹消登録の手続きをします。これは、盗んだ車を使って犯罪が行われたり、偽造書類で車が売られてしまうのを防ぐ為です。あとは自動車税事務所で自動車税の抹消申告もしましょう。車が無いのに自動車税を払う必要はありませんから…。

盗まれてしまった車はもう戻ってこないんだね…。

いえ、そうとは限りません。これは私の知人が実際に体験したケースですが、盗難に遭ってからその車をとりかえすまでの模様を詳細にまとめました。ご覧ください。



               

←盗難対策

→盗難自動車を取り戻せ!

↑自動車盗難保険・車両保険解説講座トップページ



 

 

Powered by CMSホームページ制作Web