自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
自動車盗難保険・車両保険解説講座
自動車盗難保険
本当にあった車両盗難事例 盗難自動車を取り戻せ! 25.作戦開始
 
 
【第5章 11日目・9/21火】

25.作戦開始

車を取り戻す。そのためにすることは、ただ一つ。

(シンイチ談)
「こうなったら、いったん車を落札して現品を確認するしかないかもな。」

「そうね。私も同じことを考えていたところ。」

サヤカが答える。

取引の方法としては、2つある。1. インターまで取りに行く方法と、2.陸送会社にこちらの指定場所まで運んでもらう方法だ。

運んできてもらう場合、もちろん「naniwa999」氏本人は来ない。当人と接触せずに車を確認するためにはこのほうが好都合だ。こちらの土俵で戦うという意味でも。

「その作戦でいくなら、以前お世話になっていた自動車整備工場覚えてる?谷原自動車さん。そこに協力をお願いしようかと考えてるんだ。」

私の提案に、サヤカもうなづく。

「谷原自動車さんの工場を、車の受け渡し場所に指定させてもらって、そこに搬送してもらうってことね。」

「うん。後でさっそく連絡してみるよ。」

日本酒に燗をしてもらう。そしてオークションでの「落札」に話題がうつる。いよいよ落札日まであと3日だ。

「もしもエンジン番号が一致しなかったら、買い取るしかないの?」

好物の鳥なんこつを、きれいに串からはずして皿にあけるサヤカ。

「その場合には謝ってゆるしてもらう、でも、欲しければ買ってもいいさ」

日本酒のせいで気が大きくなっている。

 

 

Powered by CMSホームページ制作Web