自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
自動車盗難保険・車両保険解説講座
自動車盗難保険
本当にあった車両盗難事例 盗難自動車を取り戻せ! 34.戦いの始末
 
 
【第7章 16日目・9/26日】

34.戦いの始末

取り調べが始まった。陸送会社は「ミゾグチ」の仲間なのか。

(シンイチ談)

午後5時。

暗号を出してからほぼ3分後に警察官が到着した。「超」高速だ。 それも三人も。 これほどすぐ来てくれたのはなぜか。

あとで聞いたことだが、ヒロミは電話で

「今、車がとられそうなんです、色白の太った人に。すぐに来て下さい」

と連絡したそうだ。 まったく、急いでいるときは110番に限る。一方のサヤカが電話していた谷原警察署は、15分以上経って、ようやく到着したという始末だ。

しかも、担当者につないでもらえるまで2分、担当者に経緯を話すのに3分かかっているという。

さて、いよいよ本格的に話が進むことになった。サヤカの自動車、国産車Zを取り囲んで経緯を説明する。

次に、陸送会社の人に話を聞く。陸送会社の人は「ミゾグチ」氏とは全然関係がないようだ。

1年前、自動車のオークション会場で一度声をかけられ名刺を交換した。それから数カ月経った、つい昨日、突然「ミゾグチ」氏から電話がかかってきた。そして「明日、自動車の配送を頼みたい」といってきたという。

これまで、この陸送の二人は、配送のほかに金銭の受け取りまではやったことがなかった。だから、「自動車を渡して金をもらって来い」とミゾグチに言われたときには違和感を感じたらしい。「おかしいとは思ったが、まさかそういう話だったとは思わなかった」という。

話してみてわかったことだが、陸送の二人は実はいいやつらだった。運送費用(2万円だったらしい。)が入ってこないことについては何も言わない。

それよりも、愛車が手元に戻ってきてよかったと喜んでくれる。「オークションで見つけて自分で落札して、取り戻すなんてことがあるんだ」と、驚いてもいる。

「次の仕事があるので帰る」という陸送会社の二人には、ひとつだけ困ることがあった。それは、「ミゾグチ」に連絡を取り、金を渡さなければならないことだ。

これは、警察にとって「ミゾグチ」たちを捕まえられる大きなチャンスだ。金を受け取りに来るのは「ミゾグチ」本人のはずだから、話を聞くことができるだろう。

そこで、谷原警察の警察官から神奈川南署に連絡をしてもらう。(なぜ、谷原の警察官に対して「ミゾグチ」の件を頼まないかというと、この期に及んでもまだ「この事件はうちの担当ではない」などとわけのわからないことをいっているからだ。)

ところが、谷原署の職員曰く、神奈川南署の・鈴木氏は、「追跡しない」という。思わず耳を疑い、直接私が電話に出る。

「本当に追跡しなくていいんですか?」

「やらなくていいよ、車が戻ってくればいいでしょ」。

なんのための警察なのだ。怒りをとおりこして、あきれる。追跡しないというので、陸送の二人はそのまま帰ってしまった。

 


 

 

Powered by CMSホームページ制作Web