自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
盗難自動車を取り戻せ!
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
自動車盗難保険・車両保険解説講座
自動車盗難保険
本当にあった車両盗難事例 盗難自動車を取り戻せ!4.頼れるのは誰か
 
【第1章 1日目・9/11土】

4.頼れるのは誰か

シンイチの指示で冷静さを取り戻すサヤカ。まず警察に通報する。

(サヤカ談)

シンイチに言われたとおり、まず警察署に電話をかける。

1、1、0…と。

電話をした後、本当にすぐ来てくれた。警察官は一番近くにある「神奈川南署」の署員で、「鈴木さん」といった。もちろん名刺などは渡されない。 口頭で名前を告げられただけだ。

30才前後で中肉中背の警察官は、目深く帽子をかぶったまま、慣れた様子で質問を重ねる。

「名前は? それから住所と電話番号もね」

駐車場の様子、いつごろ車がないのに気づいたのか、車の色、形、型番…。このまま続くと、「恋人の有無」「仕事のやりがい」そんなものまで聞かれそうな調子だ。一通り質問をし終えると、警察官はにやりと笑う。

「野原の真ん中に置いていたのだから、持っていってくれと言っているようなものですよ。よくこれまで盗まれませんでしたね」

冗談のつもりだろうか。笑えない。永遠に続くかと思われた質問がひととおり終わり、

「コンピューターに登録しておきます」

南署の鈴木さんは帰っていった。

こんな届けで本当に大丈夫だろうか。

不安を感じながらも、一度家に戻ることにした。

とりあえず加入している保険内容をチェックしよう。


 

 

 

Powered by CMSホームページ制作Web