自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
盗難自動車を取り戻せ!
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
自動車盗難保険・車両保険解説講座
自動車盗難保険
本当にあった車両盗難事例 盗難自動車を取り戻せ!6.立ちふさがる三つ…
 
【第1章 1日目・9/11土】

6.立ちふさがる三つの壁

盗難保険に加入していないことを想定し、情報を収集し続けるシンイチ。果たして警察は車を見つけだしてくれるのだろうか。

(シンイチ談)

あんな電話で起こされて、目が冴えてしまった。PCへ向かい、盗難保険についてひととおりの情報収集をする。

サヤカが加入している保険は「盗難」をカバーしているだろうか。もし含まれていなければ保険金に関してはお手上げだ。

となると、車の捜索を始めなければならない。そもそも、自動車盗難に対する警察の実績はどの程度のものなのだろうか。

調べてみて愕然とした。ネットの情報によるかぎり、自動車盗難における警察の無力さ、知識のなさはあきれるほどだ。

サヤカには警察へ連絡するよう指示したけれど、おそらく簡単な実況見分くらいしか行われないだろうな。

警察に届け出たからといって、簡単に解決しそうにない。それからさらに調べていくと、警察は「盗難車の情報をコンピューターへ入力をする」らしい。これは、それらしき車が出てきたときに、コンピューターの情報と照合するためだそうだ。

しかし、「それらしき車が出てくる」ために、警察は何をするか。…何もしないのだろう。 なぜなら、自動車盗難は非常に多い。一台一台捜査をするには手間がかかりすぎる。

警察官も普通の人間である。担当業務以外に、やっかいな仕事はできるだけしたくないだろう。自動車盗難は毎日余計な仕事が増えていく。「できるだけ関わりたくない」というのが本音だ。予算も組まれないのだろう。 シンイチは思った。

警察が率先して捜査をしてくれることは、まずないな。

実際に盗難にあった人で、奪還を叶えた人は果たしてどのくらいいるのだろうか。さまざまな自動車盗難の体験談をあさりつづける。さらに google検索上「盗難車 オークション」で表示されたページを順に見ていく。

すると、自分の車をオークションにかけられていた、という被害者の話が目に入った。その方は、オークションの主催者であるyahooと警察に相談をしながら話をすすめていったという。しかし、結局yahooも警察もほとんど動いてくれなかったため、結局犯人と愛車の両方を取り逃がしてしまったらしい。

こりゃひどいな。

こちらまで怒りを抑えられない気持ちになる。そこまで調べて、時計を見ると朝9時。部屋を出て、食卓のある居間へ行く。窓の外は秋雨。いつの間にか、居間の座布団が夏用の麻から綿に取り替えられている。

祖母と朝食をとる。焼き鮭、青菜のおひたし、納豆、麦飯、かぶの味噌汁の朝食。鮭は脂がのっていて、うまい。うまい、というと祖母が喜ぶので、声に出して言う。

祖母にサヤカの自動車盗難の話をした。

「それはそれは、かわいそうに。ひどいことをする人がいるものね」

と眉をひそめる。 祖母はサヤカと食卓を囲む仲だ。祖母は昔、洋裁の講師をしていた。そのためかサヤカの仕入れる服の話には特に興味があるらしい。

食後、私が二人分の茶碗を洗う。祖母はかたわらでほうじ茶を入れてくれている。 祖母のほうじ茶は格別だ。直前に茶葉をから煎りする。こうすると香ばしさが違うのだという。鉄瓶で沸かした熱湯をゆるゆると注ぎ、少し待ってから粉引の白い茶碗についでくれる。やっぱりうまい。

一週間分のワイシャツとスーツ一着を持ってクリーニング店に出かける。そこからまっすぐ帰ってくる。なにしろ今日は調べることが多すぎる。この休みは忙しくなりそうだ。


 

 

Powered by CMSホームページ制作Web