自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
盗難自動車を取り戻せ!
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
自動車盗難保険・車両保険解説講座
自動車盗難保険
本当にあった車両盗難事例 盗難自動車を取り戻せ!7.ゼロ。ゼロ?ゼロ!
 
【第2章 3日目・9/13月】

7.ゼロ。ゼロ?ゼロ!

保険の担当者、塚原氏から電話が入る。
ぬぐいきれない後悔の念にうなだれるサヤカ。

(サヤカ談)

職場に向かう道筋の途中、保険会社の塚原さんから電話が入った。私が加入している自動車保険の内容を調べてくれたらしい。

今日は月曜日。ミーティングが立て込んでいる。金曜日中に資料は作成してあるが、どうしても補足資料を用意したい。急いでいたので折り返し連絡させてもらうことにする。

愛車が盗まれたことは、同僚に話していない。話さないどころか考えるのを避けている。 この休日の間、いつにも増して仕事に専念した。

それにシンイチがなんとかしてくれそうな気もする。 これまでにもさまざまなことで助けられた。おそらく、並大抵の人にはないであろう彼の根気強さと緻密さが、問題解決の秘訣だろう。

しかし、今度ばかりは難しそうだ。顔の見えない窃盗犯人から、どうやって車を取り戻せるというのか。

昼の12時30分、今日のお昼に焼き魚弁当を注文してから、塚原さんに連絡を入れる。塚原さんの説明はあいかわらず丁寧だ。しかし内容をきいてがっくり。

「お調べしたところ、サヤカさんが加入されている自動車保険は物損の場合だけカバーできるものでした。だから、今回の件については、保険金が一切入らないことになります」

「おまかせしたのに、あんまりじゃないですか」

思わず笹塚さんをせめてしまった。 しかし、できるだ「安い自動車保険を」とお願いしたのは自分なのだ。

「残念ですがしかたありません」

塚原さんは申し訳なさそうに言葉を切った。塚原さんが正しい。 さっきまでの食欲もどこかへ消えてしまった。でもうなだれている場合ではない。次は警察へ行こう。調査の状況をききたい。何か新しい情報が得られるかもしれない。


 

 

Powered by CMSホームページ制作Web