自動車盗難保険・車両保険解説講座
トップページへ戻る
当ホームページについて
車両保険とは?
車両保険ってなーに?
車両保険は必要か?
車の修理代って高いの?
車両保険の種類
保険金が支払われない?
算出方法
自動車盗難保険
もし、自分の車が盗まれたら
車両盗難の現状
本当にあった車両盗難事例
盗難自動車を取り戻せ!
愛車が車上荒らしに!
入ってたつもり事件!
盗難保険で補償される範囲は?
支払われる場合
支払われない場合
取り扱保険会社紹介
盗難保険取扱一覧表
自動車盗難保険・車両保険解説講座
自動車盗難保険
本当にあった車両盗難事例 盗難自動車を取り戻せ!8.無駄足を踏まない…
 
【第2章 3日目・9/13月】

8.無駄足を踏まないために

自宅近くにある神奈川南署へ向かうサヤカ。対応してくれたのは、なんとも無気力な警察官だった。

(サヤカ談)

午後7時。さやかは荷物をまとめオフィスをあとにする。 定時にあがるなんて何ヶ月ぶりだろう。駅に着くと待ちかまえていたかのように雨が降り出した。

タクシー乗り場へ歩いていくと、すでに行列ができていた。20分ほど待ち、ようやくタクシーに乗り込む。

前の客がタバコを吸っていたのか、車内の空気がよどんでいる。

「神奈川南署までお願いします」

シートに腰を下ろし、濡れて泥のついた足下を白いハンカチで押さえる。

神奈川南署はコンクリートの三階建て。タクシーを降りて足早に中へ入る。湿ったタバコの匂いと古くなった書類の匂いがする。

窓口らしきカウンターをみつけ、先日盗難現場へ来てくれた「鈴木さん」に取り次いでもらえるようお願いした。

「鈴木は定時であがりましたが」

35、6才の警察官が淡々と答える。

「そうですか。実は私、先日車を盗まれたんです。その件で進捗状況を伺いたいんですが…」

その警察官は返事もせずにパソコンに向かい、不慣れな手つきで何か調べ始めた。何を検索しているのか、5、6分たってようやく顔を上げた。

「とくに進展はないようですね」

まるで何ごともないように言う。まったくの無駄足だった。こんなことなら、仕事をしていればよかった。警察になんて出向くだけムダだ。

なんともともいえないむなしい気持ちで署をでた。歩いて帰る途中、ふと思い立ち、スーパーで買い物をすることにした。

あたたかいスープを飲んで、うすっぺらな自分の身体に力をつけてあげよう。たしか、ニンジンと玉ねぎとジャガイモは冷蔵庫にあったはず。

トマト缶と、ベーコン、マッシュルームをカートに放り込む。 果物もほしい。まるまると水をたくわえた梨が4こずつ、ラップで束ねられている。これもカートへ。

部屋に着き、そのままキッチンへ向かう。ベーコンをカリカリになるまでいためて具だくさんのトマトスープを作る。

シャワーを浴びてから、ゆっくりと食事をする。果物を切り分け皿に盛り、デスクに向かう。 そして、PCのスイッチを入れる。

シンイチに今日の報告メールを送ろう。


 

 

Powered by CMSホームページ制作Web